本文

在学生・卒業生の声

  • 体験入学情報
  • 資料請求はこちらから

在学生の声

歯科衛生士科

仲間と励まし合いながら学校生活を送っています

在校生

歯科衛生士科 3年 下水流 純

私は高校三年生の夏休みに鹿児島歯科学院専門学校の体験入学に参加して入学を決意しました。

実際歯科衛生士の仕事は殆ど知らないまま、漠然と歯科衛生士になろうと思っていました。この学校で勉強し、臨床で実際に働く歯科衛生士の方を拝見しているうちにどんな仕事、職業なのかを知るようになりました。

いま日本は超高齢化社会に突入し、4人に1人は高齢者と言われています。小児の虫歯は減少して来ているといわれていますが、成人でも虫歯や歯周病にかかっている人がいるということは、本人に歯磨きの習慣が定着していなかったり規則正しい生活習慣、口腔に対する関心、知識がないことを示していると思います。

口腔は食べること、話すことなど様々な機能を持っています。そして何より全身の健康に大きく関与しています。いつまでも元気で生活できるために口腔の果たす役割はとても大きいと思います。

歯科衛生士は、ただ歯を守るだけでなく、口腔の清潔さや、機能を正常に維持することで健康を支えるという大きな役割があります。

そのために患者様とのコミュニケーションはとても大切です。患者様自ら話をして頂けるよう、聞き上手な歯科衛生士になりたいと思っています。毎日熱心な先生方のご指導のもと、同じ道を志す仲間と励まし合いながら送ることができる学校生活に感謝しています。

歯科技工士科

身近にあるやりがいのある仕事

在校生

歯科技工士科 2年 吉村 航太

皆さんは歯科技工士という職業を知っていますか?知らない方も多くいると思います。

歯科技工士というのは、歯科医師の要請により患者様の口腔内に適した補綴物を作成する仕事です。医療系の仕事ということで難しいのではないかと思われがちですが、訓練さえ積めば誰でもできます。また試行錯誤を繰り返し悩む事が多いですが、患者様の口腔内に自分の作った補綴物が入ると達成感や感動が味わえ、すごくやりがいのある仕事です。自分に合った仕事がなかなかない方や進路に悩んでいる方、是非歯科技工士というやりがいのある仕事を考えてみるのもいいと思います。

卒業生の声

歯科衛生士科

『治療の効果向上に不可欠なコミュニケーション・・』

卒業生

歯科衛生士科 平成24年3月卒業

ブライト歯科クリニック(鹿児島市)勤務 池頭 あゆみ

鹿児島歯科学院専門学校を卒業して2年が経ちました。現在は一般の歯科医院で歯科衛生士として働いています。

診療の中ではまだまだ学ぶことも多く、自身の知識と技術の向上を目指し日々努力しています。

また患者様とのコミュニケーションも大事にするよう心掛けています。 むし歯や歯周病の患者様には現在の状態を認知・理解して頂き、このままにしておくとどうなってしまうかなど説明して、治療に積極的になってもらえるよう促しています。一旦治療が終了した患者様も健診や月に一回のメインテナンスでの来院時には、できるだけコミュニケーションをとり患者様自身のモチベーションを持続させることができるよう努力しています。

私は歯科衛生士というのはとてもやりがいのある素敵なお仕事だと思います。あなたも歯科衛生士を目指してみませんか?

歯科技工士科

歯科技工士は、社会で必要とされる職業です。

卒業生

歯科技工士科 平成10年3月卒業

曽山歯科医院(鹿児島市)勤務 星原 隆一

歯をなくすることで失われる笑顔や健康、その失なわれた笑顔や健康を取り戻すというとてもやりがいのある仕事をするのが歯科技工士です。

歯科医院では歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士が、お互いにコミュニケーションをとりながら一つのチームとなり、治療に取り組みます。私も患者さんと直接触れ合う機会があるので、自分の作ったものが患者さんの口の中に入り、そして機能しているのを確認できます。自分で作ったものが患者さんの体の一部となり、そして喜んでもらえるのは本当にうれしいものです。

学校では、2年という短い期間で歯科技工の基礎を学びます。近年は高度な治療により、日々進化する歯科医療ですが、1番礎です。基礎を身につける努力、その努力したことが必ず結果として実感できる素晴らしい仕事だと思います。

これからも1人でも多くの患者さんを笑顔にして、健康の支えになれるように努力していきたいと思います。